女性の転職時代

転職者について

雇用者側が中途採用で人材を募集する理由として、新卒者を採用するのとは違う観点から、会社へ様々な貢献をしてくれると考えて中途採用をすることと思います。そこで今回は雇用先が中途採用で求めている、いわゆる転職者について話していきたいと思います。 コストカットと即戦力になってくれる まずは新卒者とは違い経験がある分、社内で即戦……

絶滅危惧職エレベーターガールってまだ募集してます?

求人どころか、職種として存在している場所も少ないのが現状です。 高島屋日本橋店、三越日本橋本店、小田急新宿店、などの老舗のデパートなどには未だ存在します。デパートだけではなく、東京タワー・横浜ランドマークタワーなど高層タワーにも存在しております。見つけたらレアなのでラッキー、というくらい少ないです。 エレベーターガール……

ベビーシッターが窃盗したりする事件があって、信用ある職業?

芸能人やセレブなどは子育てする際に、ベビーシッターを雇うことが当たり前で、ステータスのようになっています。しかし、ベビーシッターはアルバイトや派遣などで、収入が高いとは言えず、通常、専門の派遣会社から一定の金額で各家庭に送られるので、収入の格差に不満などがあったりして、窃盗や暴行する人が現れ、イメージが悪くなっています……

自分がやりたいことを見失った、なにかに没頭したい

都会の通勤ラッシュや、職場の人間関係、狭いのに家賃は高い賃貸住宅、公園に行っても人だらけで全然休息できない。仕事にも疲れましたし、生きるためとはいえ、誰の役にもたっていないような気分、なんのたまに働いているのか?もっと働いてるという成果が見える職業はないか。都会の喧騒からはなれたところで見つめなおしてみたい。例えば、も……

ヤバい、次の仕事がみつからない、貧困女子になってしまう

今や単身女性の3分の1は手取り125万円以下。それを貧困女子と呼ぶことがある。3人に1人とはかなりの数である。もしかしたら、これを読んでくれている人たちもそうかもしれない。よほどなかよくならないと他人の年収なんて聞けないから、実は自分の身の回りの女性は貧困女子かもしれない。 貧困女子になるポイント 貧困女子におちいって……

35歳を超えてからの転職は厳しいもの?

思い立ったが吉日という言葉があるように、思いついたら即行動!と取るのがベストかもしれませんが、このご時世そうはいかないことも多々あります。例えば、20歳で転職活動をしようと思っていたのに、結婚・出産でタイミングを失いそのまま寿退社をしてしまった女性。家庭の事情から、自分よりも家族を優先したために、タイミングを逃した人。……