35歳を超えてからの転職は厳しいもの?

思い立ったが吉日という言葉があるように、思いついたら即行動!と取るのがベストかもしれませんが、このご時世そうはいかないことも多々あります。例えば、20歳で転職活動をしようと思っていたのに、結婚・出産でタイミングを失いそのまま寿退社をしてしまった女性。家庭の事情から、自分よりも家族を優先したために、タイミングを逃した人。様々な事情で、「あの時転職活動をしていたら」と思った人がこの社会には多くいるのではないでしょうか。 35歳以上で未経験の転職活動・就職活動をする場合、手遅れであるのでしょうか。  今回は、35歳以上で転職をするのが困難なことかどうか考えてみましょう。

未経験分野の転職は難しい? 

例えば、今まで全く関わったことがない分野の仕事に35歳以上で転職したい場合はどうでしょうか。多くの企業が採用してくれない可能性がありますが、決して0ではありません。 例えば、「自分ことをよく知る人が会社で人事権があって、その人にお願いしたら、未経験でも転職が成功する場合」「積極的に未経験の人も採用している会社」「転職活動を支援するサイトのリクルーターのツテで転職に成功」様々なパターンで転職活動をすることは可能です。しかし、年齢が年齢のためうまくいかない場合の方が高いということも頭に入れておかなければなりません。

既婚子持ちでは、厳しいのでは? 

女性であれば、最大の難関かもしれません。35歳以上既婚者子持ち。どうしても採用側は、家庭を優先してしまうのでは?と心配になってしまいます。そんな時は、就職した時の家庭のサポート体制を明確にすることを面接時にはっきりと伝えることも大切です。大切なことは、責任をもって仕事に取り組む姿勢を取ろうとしているということが、会社側に伝われば、既婚者子持ちという理由で不採用になることはありません。

正社員としてのキャリアが弱い場合、どんなアピールをするべきか。 

子育ての関係で、ずっと仕事に携わることが出来ない人にとっては、面接時に不利なことかもしれません。しかし、ここでのアピールは大切になってきます。会社にとってのメリットがなければ、採用されないので、自己分析をし、自分がどのような形で貢献しようと考えているのか。ということをはっきりと主張する必要があります。

大切なことは、諦めないこと 

35歳以上の転職活動は、20代の転職活動に比べて過酷なものであることは間違いありません。年齢的な理由で落とされる可能性もあります。しかし、それでも大切なことは、転職先が見つかるまで根気よく続けることです。  辛くて心が折れそうになるかもしれません。しかし、簡単に諦めるようであれば、本当に就職したいということではないと思うので、諦めずに取り組む姿勢を見せていれば、きっとチャンスが訪れます。最後は気持ちが大切なのです。35歳以上で転職活動をしようか悩んでいるそこのあなた、是非思い切って第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか