就職に必要なSNS、不必要なSNS

最近の就職活動は、ほとんどがインターネットからスタートします。転職先の会社を探すことも、応募する時も。そして、面接の日程や担当者からの連絡などもメールで行うので日々のネットチェックは重要です。 そのようにインターネットが身近になってきた昨今、TwitterやFacebookなどのSNSをやっている方も多いのではないのでしょうか? 最近ではアカウントをエントリーシートに書かせる企業もあるといいます。一体どうしてアカウントを書かせるのでしょうか? その理由は「あなたのパーソナルを知るため」という理由もあるのですが、たいていはマイナスな面にしか働きません。いくら面接時にちゃんとした受け答えをしていても、SNSでのプライベートが暴言ばかりだったり、荒れた生活をしていたら採用担当者は良い気分はしないでしょう。ましてや、今日の面接の内容をバラしたり、会社の悪口を言ってしまっていたら、面接で合格ラインを超えていたとしても落とされる可能性だって生まれてきてしまいます。

SNSをやっていなくてもエゴサーチには気をつけよう

自分はTwitterを本名でやってないし、Facebookも友人だけ、だから心配していないという人がいるかもしれません。 しかし安心は出来ません。あなたは自分の本名を検索したことがありますか?自意識過剰みたいでやってないという人も一度自分の本名で検索をしてみましょう。 すると全く何も出ない人や、同姓同名の人が出る場合。そして、大学の卒業論文や、高校の部活の成績などで、自分がヒットする場合があるかもしれませんこれを「エゴサーチ」と言います。 人事担当者は間違いなくあなたの名前を検索しているので、自分の名前を検索して引っかかる情報を先に面接で言っておき、先手を打つのも手です。検索に引っかかりやすいのは部活関連、大学の研究関連、そして自分の名前で画像検索をするのも忘れずに。意外な写真が検索に引っかかってくるかもしれません。それらも把握した上で面接に臨み、できるだけ心配事を無くした状態にしておきましょう。