転職者について

雇用者側が中途採用で人材を募集する理由として、新卒者を採用するのとは違う観点から、会社へ様々な貢献をしてくれると考えて中途採用をすることと思います。そこで今回は雇用先が中途採用で求めている、いわゆる転職者について話していきたいと思います。

コストカットと即戦力になってくれる

まずは新卒者とは違い経験がある分、社内で即戦力になってくれることを期待します。新卒者を会社の戦力に育て上げるまでには、人件費、育成の為の研修費用、何よりも時間が必要になるなどの様々なコストが掛かります。しかし経験のある転職者を採用すれば、極端なことを言うと、今まで培った技術や経験を入社したその日から発揮してくれますし、何より新入社員につぎ込まないといけない様々なコストを少なくできます。 このことから転職者を採用するのは様々なメリットがあり、転職者が求められる理由です。

新しいことを素直に吸収してくれる

転職者に対しては今まで仕事をしてきた経験を生かしてくれることを求められますが、その分自分のやり方を持っている為、型にはまり易いというデメリットも存在します。確かに自分のやり方や仕事に対する信念を持っていることは悪いことではありませんが、転職して新しい職場で働いていく以上、その職場のやり方やルールに従わなくてはなりません。新しい職場のやり方やルールに従いながらも自分の経験やスキルを生かし、柔軟に新しいことにチャレンジしてくれることを転職者に期待しています。

若年層の手本になってくれる

経験がある分、若年層の手本になってくれることが転職者には求められます。同じ職場に長年勤めている社員の場合、職場での仕事のしかたや経験などは習得できていているかもしれませんが、転職者の方が違う会社でのスキルや経験が同じ職場で働いてきた人に比べて多い分、若年層に様々な角度尾から仕事や経験を伝えることが出来ます。様々な経験やスキルを生かしながら若年層の手本になるように謙虚な姿勢で働いてくれることが求められます。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが、雇用側は、様々なメリットがあると思い転職者を求め募集します。経験やスキルがある分、即戦力で会社に貢献してくれることや社内の若年層に転職してきたからこそ、伝えられる経験やスキルなどを生かし、手本になってくれることも求められます。その為にも今までのやり方の型にはまらず、新しい仕事のやり方を柔軟に吸収できる謙虚な姿勢で仕事に取り組むことを雇用側が転職者に求めています。