出産をすると、仕事観は変わる!?

男性は、仕事にたいしてのモチベーションは、変わることはないと思います。むしろ、結婚をして、子供が出来るとより一層頑張らなければならないと考える人が多く、転職も大胆なこともあまり出来ず、家族を幸せにすることが第一ということになります。そのため、子供が出来ても、そうでなくても、仕事をとにかく全力で取り組むことが第一という結論になると思います。一方女性はそうではありません。 今の仕事を続けているのは厳しいから環境を変えた方が良いかもしれないと転職を検討する人もいるかもしれません。  人それぞれですが、出産や結婚を通じて仕事に対する考え方が大きく変化するのは間違いがないようです。では、どのように変化していくのでしょうか?

無心で取り組んだ独身時代 

独身時代は、どんな無茶も出来ます。残業を終電ギリギリまでしても構いません。無茶が出来るのです。そのため、仕事では確実にキャリアを積んでいくことが出来ます。中には、独身でもう私は良いわ。という人も出てくるかもしれません。仕事だけ充実しているだけではつまらなくなってしまうので、自分に時間をかけることが出来るのも、この独身時代の特徴です。

仕事だけでなく、子育てで貢献することを覚える30代 

20代独身では、仕事に打ち込むことが貢献という捉え方ですが、30代で結婚をすると大きく変化をしていきます。結婚と出産を経て女性は、「仕事だけではなく様々な形で社会に貢献することが出来る」と気づくようになるのです。そして、それと同時に、子育てに専念することの大切さに気づき、このタイミングで子育てと仕事を両立出来るのかと不安になるのです。この時に転職をして環境を変えた方がよいのかと考える女性が多くなります。  結婚後、子供を出産することで自分の働き方をどうしていくべきか、真剣に向き合うのが、女性特有のタイミング。 男性よりも子育てが重点的になるので、このような考えに行き着く人が多いのでしょう。

結婚、出産はキャリアの上で転換期 

結婚・出産のタイミングで、多くの人がキャリアについて向き合う時期にさしかかります。そのため、結婚・出産をした際、自分はどのように仕事と向き合うのかということを、独身の人は今から考えておくことも大切かもしれません。行き当たりばったりで決めるのではなく、自分は、こういうスタイルで人生を貫き通したい!という気持ちがあれば、転職にせよ、今の会社で継続するにせよ良い結果が待っていると言えるのではないでしょうか。