彼氏と水族館にデートにいったときが忘れられなくて、どんな仕事?

遊園地やテーマパークなど、普段会社勤めで、会社と自宅の往復でたまの休日で彼氏とデートにいった水族館の光景が忘れられない。これが毎日続けばどんなにハッピーなんだろう。非日常が日常になるような仕事をしてみたい。 かといって、飼育員とか潜水士の資格なんてないし、そもそも水泳で25メートル泳いだ事ないし、そんな私が水族館につとめられるものなのかー。 ちょっと待ってください。水族館はなにも飼育員だけではなく、館内にいる案内するガイドから、レストランスタッフまで、さまざまに関わることはできるんです。あなたがもし魚と一緒に水中で戯れたいというのなら話は別ですが。 大きな水族館ではそれだけスタッフもいて、地方の小さな水族館であれば、経験がなくても水中でも業務もチャレンジできるかもしれません。ですが、仕事内容はそれだけハードになります。

水族館のスタッフの仕事

多くの仕事があり、例えば、各施設内でのお客さまへの接客、ご案内、 開館・閉館作業、改札、インフォメーション、写真(撮影、受付、販売)、プログラム(受付、準備、案内)ほか各業務をする受付案内ガイドのスタッフ。 カメラマンとして、お客さんや魚と写真をとり、その場で販売。セールストークなどを使いながら、 売れた枚数などパソコンで入力、日報などを書くという仕事です。 他にも、デスクワークとして経営面に関わる、水族館の営業企画業務、各種広報活動などをするスタッフもいます。 具体的には、館内外イベント企画、ワークショップ、ショー制作、ポスター等告知制作物作成、来館促進営業活動、広告宣伝、各種メディア対応、SNS等企画・運用業務等など水族館を盛り上げるための業務から、日々の運営に関わる業務があります。

水族館スタッフに近づくには

飼育員じゃない場合、学芸員の資格などがあると運営やイベントについて関わることも増えるので、あれば有利です。求人自体すくないので、募集がなくても水族館に問い合わせて、自ら応募するくらいでないとなかなかチャンスがないです。 水産系の高校や大学をでているとまた知識があるので、仕事に生かせます。大きく動物の世話をする飼育の仕事と、運営側としての館内スタッフ、ガイドや受付業務をするスタッフなどにわかれます。自分にとってやりたい業務はなにか考えてみてください。