転職と人生経験

転職活動は企業側に自分という人間を採用したらどのように会社にプラスがあるのかアピールする場になります。そのアピールをする中で今までの仕事上の実績や身に付けたスキルなどをアピールすることも非常に大事ですが、その他にも仕事以外での様々な人生経験も自分をアピールする大事なポイントとなり、人生経験が多ければ多いほど自分に厚みを持たすことができ、あと後その人生経験の多さが転職活動に生きてくるのです。そこで今回は転職活動においてなぜ人生経験の多さが転職を成功させるきっかけになるのか、話していきたいと思います。

志望動機に厚みが出る

まず転職活動において企業側に自分の意気込みをアピールする大事なポイントが志望動機になります。しかし志望動機が大事なアピールポイントだと思っていても多くの人が考えるが難しいポイントだとも思っているはずです。これは志望動機に「給与が良い」「休みが多い」などの自分に直接還元されるポイントを企業側に求めている人が多く、企業側にアピールするのにふさわしくないことから志望動機にいき詰まってしまうのです。かといって志望動機をマニュアル本や面接対策サイトなどで見つけたものを引用し取って付けた文章にしてしまうと自分という人間の魅力はなくなり、アピールにはなりません。そこで人生経験を多く積んでいると自分の中の引き出しが増え、志望動機にも人生経験の多さから増えていった引き出しを生かせることになり、志望動機一つ取っても多方面から物事を考え、オリジナリティある志望動機を企業側に提示することができます。

様々な質問に対応できるようになる

転職活動で一番自分という人間が企業側に審査されるのが面接です。 面接は当然ながら企業側に様々な質問をされます。しかし様々な質問の中で答えに詰まってしまったり、答えられないと企業側に大きなマイナス印象を与えてしまい、転職活動の成功が遠のいてしまいます。そこで様々な質問に対応できるよう、人生経験を多くしておく必要があります。今自分が取り組んでいること以外にも少しでも興味のあることや全く興味がないけど周りの人間に進められていることなど積極的に取り組み、様々なことを経験しておきましょう。この様々な経験が様々な面接の質問に対応できる引き出しを増やすことになります。

気になる人材だと思ってもらう

企業側に自分の経験やスキル、実績などをアピールするのも重要ですが、企業側に自分を採用してもらうということは今後仕事のパートナーとして長く付き合っていくということになります。その長く付き合っていく人を決める重要の場では仕事面と同じぐらい人間として如何に魅力があるのかをアピールする必要があります。その際、人生経験が乏しく話が盛り上がらない人よりも自分の人生経験を元にして質問に答えてくれる人の方が人間として魅力を感じるはずです。そのことから企業側に自分を気になる人材だと思ってもらうには人生経験を多くしておく必要があります。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが企業側に自分をアピールするには人生経験の多さが重要になります。人生経験を多くする為にも今取り組んでいるもの以外にも気になっていることや気にならないけど周りの人に進められているものなどに積極的に取り組み、人生経験を養いましょう。そうしていけば様々な経験から自分の引き出しが増え、魅力的な人間へと成長し転職活動にも役立ちます。