社会人が今でも憧れる職業は何?

たった1回の人生で今の仕事をしていていいのか? あぁ、昔は将来、お花屋さん、ケーキ屋さんになりたかったな。 なんて夢を抱いていたかとおもいます。 それは男女問わず、誰しもが考えることでして 歳を取ればとるほど、それが本当に夢となってしまうものです。 じゃあ実際に、どんな職業を夢見てしまうのでしょうか?

今でも憧れてしまう職業を今回ご紹介させていただきます。

まず、男性と女性で今でも憧れを抱くのとして、女性のほうが多いようですね。 男女100人ずつにアンケートを取ったところ、男性は30パーセント、女性は40パーセントと少しですが、女性のほうが憧れをいだいているようですね。 確かに、男性のほうは割りとひとつの仕事をし始めると、それにハマリ、達成すると 次のステップアップという考えでズンズンと仕事に打ち込んでいけますが 女性となると、どうしても結婚、出産による仕事の障害を考えなければなりません。 そう考えると、憧れを抱く男女比率は女性のほうが多くいるようですね。 じゃあ具体的にどういった職業にあこがれを抱いているのか? ランキング形式でご紹介いたします。 皆さんも憧れの職業がランクインしているか、ぜひご覧くださいませ。

1位は、スポーツ選手、アナウンサー、タレントな

1位はやはり数ある星の中の一握りの職業になってますね。 不動といえば、不動ですね。 確かに、子供のころから夢をみて、努力して実ることしかできない職業ですね。 いくら努力しても叶わない人も多くにいると思います。

2位は、医者、パイロット、キャビンアテンダント

2位は今からでも遅くない・・・!といえば、そうですが 少々難問な世界ですね。資格や免許が最低必須条件となる職業があがっていますね。 専門学校や資格の勉強など、時間を費やす必要もあり、今更・・・という感じで懸念されることが多いようです。

3位は、カフェ・雑貨店員、公務員、デザイナー

3位は比較的現実的なラインの職業でした。 とはいえ、その職業になるまで、なってから生活していけるかなどの葛藤があるようです。 3位に公務員が入ってくるのが意外や意外でした。 が、公務員もやはり国家試験を受けるための勉強時間の確保などを考えると、 どうしても憧れの職業の位置づけになるようですね。 確かにハードルも高く、難問だとは思いますが、手が届きそうで届かない、職業が ランキング3位に入ってきているようです。 いかがでしたでしょうか?1位から3位の職業の差がすごく見られますが 特に1位は誰しもが考える憧れの職業だったのではないでしょうか?