持っておくとアピールできる資格

転職時に自分をアピールする大きな武器となるのが資格です。履歴書を書くときに、「資格:普通自動車免許」だけと裸一貫で面接に望むのは心細いもの。そこで、取っておくと自分のベースアップになり、そこまで難易度も高くないお得な資格を紹介します。

MOS(Microsoft Office Specialist)

マイクロソフトが認定する「Microsoft Office」に関する国際資格で、Word、Excel、PowerPointなど各ソフト別に試験が用意されている。合格率は発表されていないが、約9割と言われておりこのサイトを見ているあなたは、ある程度パソコン知識があるはずなので、WordやExcelへの抵抗もそこまで無いはず。 今はオフィスワークのほとんどがパソコンを使用した作業と思いますが、電源の入れ方も分からない人も中にはいるのです。 そこでパソコン系の資格を持っていると、「ある程度はPCが使えるやつだな」と安心感を与えることが出来ます。MOSの難易度は「スペシャリストレベル」と「エキスパートレベル」の2つに分かれており、エキスパートレベルのほうがより高度な技術を要求されます。 資格はソフトごとに分かれており、Wordのスペシャリストレベルは、文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など、Wordでの基本的な編集機能が必要とされます。 持っていると企画書や報告書、作業明細など一番業務で役に立つと思われます。 Excelのスペシャリストレベルは数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelでの基本的な操作が必要とされ、事務系や簿記系の作業で役に立ちます。PowerPointの試験はレベルが分かれておらず1種類のみ。プレゼンテーションの作成と管理や図形やスライドの挿入と書式設定など、プレゼンテーション資料の作成に必要な技術が問われます。 どの試験も受験料は1万円ちょっと。試験日は毎月1回~2回で全国各地で行われています。

ドットコムマスター

Wordなどの専門的なソフトの技術はちょっと・・・という人にはNTTコミュニケーションズが実施しているドットコムマスターという資格がオススメ。 ベーシックとアドバンスに分かれているが、ベーシックであればインターネットへの接続やインターネットの安全性・モラルなど基本的なことから出題されるので、普段インターネットを使っている人であれば、対策テキストで少し勉強すれば取得できるはず。受験料は4000円+税。全国で受験することが出来る。