デザインに興味があってインテリアコーディネーターというものを知った

インテリアコーディネーターは、住宅や店舗、事務所から公共施設にいたるまでのインテリアについて、クライアントからのオーダーに合わせてアドバイスをしていく仕事である。インテリアコーディネーターは家電量販店の販売員とは違い、お客様の要望に沿ってコーディネートしていくのが仕事で、住宅であれば、居住者から要望を事細かに聞き出し、壁紙や照明、小物や家具などを組み合わせることで、居住者の要望に合わせた空間をアドバイスしていく。 もちろん住宅だけではなく、オフィスや公共施設などさまざまな建築物のインテリアのコーディネートを担当することもある。そもそも建物とインテリアは深い関係性を持っているので、コーディネートしていくにあたっては、設計や建築に関する知識も必要になってくる。

インテリアコーディネーターの収入

インテリアコーディネーターは、インテリアショップや、内装の設計会社など多様な活動の場所がある。こうした企業で正社員として雇われた場合の平均的な年収は300万円?450万円で、一般的な会社員とさほど変わらないか少し低いくらいである。デパートのインテリアショップなどに勤める場合は、売り上げノルマが決められていることがあり、成果に応じてインセンティブが発生することもある。さらに、インテリアコーディネーターの資格を持っていれば、「特別手当」や「専門職手当」がもらえることもある。

インテリアコーディネーターになるには

インテリアコーディネーターを目指す人のほとんどは、「インテリアコーディネーター」としての資格を取得する。この資格は必ずしも必要なものではないが、インテリアや住宅に関わる業種に就職または転職したいと考えているなら、取っておいたほうが有利なのは言わずもがなだろう。未経験者でも求人に応募することができるが、未経験者ならなおさら資格を取っておいたほうがいいだろう。また、資格を持っていることは就職だけでなく、その後の仕事でクライアントから信頼を得やすいという利点もある。知識や技術や実績など以外の精神的な部分でクライアントと関係を築くことができるので、スムーズに仕事を進めることができるはずだ。 仕事内容を見ればわかるが、美的センスが重要になる仕事である。さらに、クライアントから的確な要望を聞き出すコミュニケーション力や、実際に配置したらどうなるかをイメージできる空間把握能力や想像力も欠かせない要素である。