後悔しない転職のために

「転職したい」と思っていても、転職先として考えている会社が本当に自分に合っている会社なのか、自分が思い描いた働き方ができる会社なのかを見極めることは難しいものです。後悔しない会社選びのためには、自分は働くことに何を求めているのか、どんな条件があれば満足できるのかをしっかり考えておくことが重要です。今回はその要因の代表例をいくつか紹介します。

発揮できる能力が上がるきっかけを見つける

自分の能力のうちどれくらいを発揮することができるかは、その仕事に対するモチベーションとつながっているものです。自分はどんなことでモチベーションが上がるのか。高い給料をもらえることなのか、その職場の人たちと一緒に仕事ができることにやりがいを感じているのか。さまざまな要素をまずは発見していきましょう。 このときに気をつけたいのは、どこか一つに偏ることなくバランスを保つことです。仕事内容は自分のやりたいことで満足していても、職場の雰囲気が悪ければそれは能力を発揮するにあたって妨げになります

働くための環境を把握する

職場そのものや仕事の内容だけではなく、会社の立地や通勤経路・時間などを含めてしっかり確認しておくことが必要です。働く場所が変われば自然と今までの生活リズムとは変化します。生活環境の変化はモチベーションを形成する根本と言ってもいいでしょう。後から困る可能性を減らすために、事前に隅々までチェックしておきましょう。

ストレスを感じる原因を特定しておく

人間は基本的に変化に自然と対応して慣れていくことができるものです。しかしながら新たな生活をする街があまりに自分にしっくりこなかった場合、これは徐々にストレスが溜まっていく原因になってしまう可能性があります。一般的な一日の仕事時間は8時間ほどでしょうか。それだけの時間をなかなか自分に合わない場所で過ごすことは、生活リズムに影響がないはずがありません。そうなると今度は仕事における能力発揮やモチベーションを保つことにも影響を及ぼし始めます。 せっかく転職してより自分の理想に近い生き方をしたいのならば、どんな場所で働くかということから考え始めるのも選択肢の一つとして非常に良いと思われます。 より生産性を高めパフォーマンスを向上させたいのなら、窮屈な環境は不向きです。通勤の環境や時間はほとんど毎日繰り返すもの。一度決めたらすぐにまた変えることは難しいので、環境選びには慎重になったほうがいいかもしれません。