残業したくない、タイムカードがない方が良いの?

みなさんの在籍している、または在籍していた会社にはタイムカードというものはありましたでしょうか?アルバイトでは、時給で収入が計算されるので、出勤後、退社時にカードを押して、その労働時間により給料が支払われます。正社員や契約社員になると、月給制なので、いくら労働時間があっても給料は同じだから、または、残業代が支給されないからタイムカードがいらない場合もあります。最近ではカード式のセキュリティーキーのようなもので記録していたりします。

残業問題

正社員など勤務時間が決められているケースでは、タイムカードがあることで時間外に労働した際、残業代が計算されます。ない場合、残業代をそもそも支払われない会社が多いです。残業代は払われないのにタイムカードがある会社はどういう意図があるのでしょう?

会社がタイムカードを導入するわけ

そもそも法律で、所定の労働時間というのが定められていて、一週間40時間が目安となります。ただし見なし労働制など、労働時間が定められていないところや、タイムカードは規定労働時間内にきらされて、サービス残業をかせられるというケースもあります。 会社としては、メリット、デメリットを考慮して、タイムカードのあるなしが決定します。 タイムカードのない場合であれば、残業代払わなくてすむ。給与計算が楽、 。デメリット就業の証明がない。などがあります。

タイムカードのメリット・デメリット

働く側のメリット、デメリットはなにがあるのでしょう。例えばタイムカードがないメリットとして、遅刻や、早退など、多少の時間の融通がきく、 デメリットとしては、グレーゾーンな残業時間が発生する、勤務時間内に怪我、死亡した場合証明するものがないため、労災適用、裁判などになったとき不利などがあります。

ブラック企業に気をつけて

企業側がタイムカードを導入すると、記録として残ってしまうので、雇用者が残業代などを請求する裁判などを起こした場合、不利になり、企業側が敗訴し、支払い命令に応じないといけなくなってしまいます。ブラック企業が問題になっていますが、タイムカードがないことで労働時間をうやむやにして拘束時間を増やしたりすることも実際にあります。また逆に、タイムカードとして形だけ出勤退勤時間を記録させ、サービス残業をさせるという悪質な企業もあります。会社選びの際はタイムカードがあるのかないのかも一つ、選考の材料にしてみてはどうでしょう。